無条件の愛ってよく言うけど、そもそも愛とは無条件なのだ。

これは主人と出会って5日目、付き合い出した日の話です。

(30歳まで独身で結婚に焦った時期のことや、

主人と出会って4ヶ月と2週間で結婚した話は別の機会に!)

3a22be649b5ae8204ea1379444bb4f53_m

 

主人には、出会った日から積極的なアプローチを受け、

押し切られるような感じで付き合い出しました。

その、付き合い出した当日に、

「いつ結婚したい?」と聞かれました。

いきなり結婚のこと、それも、

その時期まで、聞かれたのにビックリして、

「何で? お互いまだ良く知らないのに、

何で結婚の話を?」と聞き返しました。

 

主人は、そろそろ結婚したくて相手を探していたこと、

私が運命の相手だという直感があること、

それに「愛しているから」だと言います。

私は、「私のことをまだ良く知らないのに、

何で愛してるって言えるの?」

「私のどこが好きなの?」という、

カップルの間で良くある質問をしました。

 

定番?の「全部好き」とかいう答えが返ってくるのかと思いきや、

主人の答えは、私の考えの範疇を超えていました。

 

「理由なんて無い」

 

それを聞いた瞬間、スコーンと、腑に落ちた、

というか、大きな気付きがありました。

愛に理由なんて無いんだ、と。

 

ドラマやマンガで見た恋愛の話、

今まで付き合った彼氏たち…

誰かを好きになったり好かれたりするのには、

理由があると思い込んでいました。

優しいから、かっこいいから、仕事ができるから…

 

でも、愛ってそうじゃないんだ、

その人の能力や外見、性質がどう変わったって、

その人そのもの、その魂を愛してるってことなんだ、と。

無条件の愛って言うけど、そもそも愛に条件は無いのだと。

 

主人の言葉を聞いた瞬間、「この人だったんだ」と確信し、何故か涙が出ました。

そして、主人との結婚を決めました。

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です